建築、解体の際の解体費用とは

建設物を解体する際の費用は

  • トップ

LINEで送る

建設物の解体と費用ポイント

作業員

建設物と言っても様々な構造の物があり、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造などがあります。当然、構造により解体の難易度も異なり廃棄物の量や重量も大きな差が生まれます。建設物の解体で、まず知っておく必要があるのが業者からの見積もりの内訳を理解する事です。①作業員の人件費用は、日当が大半です。30坪程度の住宅解体なら、3人程度の作業員が10日程です。日当は作業内容によって異なりますが2万円程度です。大きな建設現場や、手作業が多い現場、鉄骨造や鉄筋コンクリート造は作業時間が長くなります。見積額の3~4割程度が人件費用になります。②産業廃棄物費用も3~4割程度を占め、建設物解体廃材を処分する際に解体業者が処理場に対して払うものです。木造住宅であれば、木くず・コンクリート・石膏ボード・混合廃棄物などとなります。③養生や燃料などの諸経費は、建設現場を囲う柵などのレンタル用品、重機の燃料代、重機運搬のトレーラー代、近隣挨拶のお土産代、申請手続きの費用など様々です。見積額の1~2割程度ですが積み重なると大きな金額になります。④業者の利益が1~2割です。この中から事務員の給料やその他経費が支払われる為に決して高額ではありません。

 

建設の情報

新着情報

↑PAGE TOP