解体時における情報と詳細

人々の役に立つ建設業。

  • トップ /
  • 人々の役に立つ建設業。

LINEで送る

建設業は夢ある仕事。

作業員

建設と言ってもいろんなジャンルがあります。建物の解体や道路や橋などの公共工事、個人の家から企業のビルなど。新たな建物を作る土木という大きなカテゴリーに入るのが建設業。本来、物を作ると言うのはステキな仕事のはず、しかし、若者に敬遠されがちな仕事でもある。キツイ、汚い、危険と言われ人手不足が大きな問題です。建設の口コミをみると批判的な内容のものが多いのも事実ですが、物を作るというのはステキなことなのに。そして、日本は言わずと知れた地震国。地震からの復興になくてはならない建設の仕事。多くの建物が震災により壊れ、思い出や生活の場が失われていきます。そんな中、建設の仕事はとても大事な仕事です。解体現場で埃まみれで働く人たちがいなければ震災からの復興も進まない。その他の台風などの自然災害や事故と言ったものまで含めると本当に大切な仕事だと分かりますよね。生活の基盤インフラ整備や古い建物の解体など人に役立つ誇り高い仕事なのに人手不足が解消しない。それならばもっと魅力ある発信をしなければいけません。口コミの批判的な記事など気にせずに若者たちが夢を持てる職場へと変わらなければならない、女性たちも活躍できる環境へと変えなければならないと思います。清潔な職場、清潔なトイレ、週休二日制の導入など課題も多いですが、本来は人の役にたつ仕事なのですから口コミがやがて肯定的な内容になるように業界全体で職場環境の改善を急がなければならない、人々の暮らしに役立つ夢のある仕事へと変わっていくために。

 

建設の情報

↑PAGE TOP